ハワイ島での2年間マッサージ留学を経て海辺のボディセラピーサロン・モアナブルーを営んで11年目。
人生の旅人ばななんこと西村祐子のこころとからだ、揺れ動く毎日のつれづれごと
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 自分の人生をガツン!と変えたいときは、そのための旅に出ればいい。 | main | 「不要なエネルギーを捨てると新たなアイデアが入ってくる」を実感する。 >>
これからの自分の方向性を考える。
基本的に自分は「ボディセラピスト」であり、そのサロンを運営するオーナーというのがメインの仕事、というのがここ10年変わらない認識なのだけれども、ここ数年、「今のままでいいのか?」と自問自答し続ける日々が続いていた。

今も、その答えがハッキリ出たわけではないけれど、少しずついろんな試行錯誤をして、ちょっとずつ自信のようなものも身につけながら、自分の仕事の幅を広げてきた。



セラピスト以外にやっている今の仕事は、
1 ホームページ企画制作
2 取材・編集・Webライター業務
3 新たな仕事のかたちを生み出すビジネスプロデュース

といったところだろうか?1.2.3が単独であるわけではなく、取材をしたものを編集し新しくサイトを作って発表するようなものもあれば、寄稿する形で記事を掲載してもらうものもある。
Webサイトの制作も、ただつくるだけではなく、「何故」「何を」「どのように」伝えるか?メニューや内容の構成を考えたり、文章のリライトをしたり、ということも担当している。

この作業は、面白い!と思うものの、正直今の労力と賃金は割に合ってないな・・・ということも感じる。ボディセラピーにしても、どんなメニューにしても「価格設定」というのは非常に難しく、市場価値と合わせて「高過ぎてもよくない」し、かといって「値段を下げすぎるとアウト」で、自分にとって、そしてそのメニューを選んでくださる方にとっての適正価格である必要がある。



今、ほぼ完成した現在のセラピスト仕事以外のお仕事を紹介するMoanablue OFFICEのサイトには、迷いに迷って、価格表というものを掲載しなかった。(サイトは数日中に公開しますよ〜)なぜなら、サイト制作ひとつとってもすべてのオーダーが毎回違って、関わる内容も違うので、それによって金額が全く違ったものになるから。

もちろん、例えばそのあたりを全部ひっくるめてパッケージ化して、サイトいっこまるまる作って納品して全部で10万円!とかっていうやり方もある。けれど、ページ数、構成、リライト、写真、メニュー策定他、コンサルティング業務まで関わるとなると、それはある種クライアントの方との相談になるわけで、やっぱり一律いくらというのは難しいな、と今は思っている。

そういう思いもあって、だったらべつにサイトなんてリニューアルしなくてもいいんじゃないか?っていう気持ちもあったのだけれど、自分がやっている業務、というものをもっと多くの人に知ってもらうことは、やっぱり大事だ、という結論になり、サクッと作ってみることにしたのだった。

自分のこれからの仕事の方向性はどうなっていくか?

まだ自分でも正直どうなるのか、わからないところは多分にある。
自分がこうしたい!って思っても、その方向性が、お客様が求めているものとピッタリ一致しなければビジネスとしての成功はないわけで、最終的にはめちゃめちゃ考えた挙げ句、考えても仕方ないよねっていう結論になる。


でも、前々から少しずつそう動いてきているように、セラピストの仕事は、もう少しかたちを変えて、例えば今までは「自分が施術する」っていうことにすごくこだわってきて、だから1人でサロンを運営してきたのだけれど、そういったところを、今後の10年は「ちゃんと誰かに伝える」ということをしながら、もう少し規模を大きく運営するということをやってみるのもいいかな、という気になったりもしている。

また、まだまだ妄想レベルではあるけれど、私がやっている活動のひとつ、ゲストハウスプレスの動きと少し絡めるようなかたちで、例えば地方の宿(ゲストハウスに限らず、あまり使われていない公共の宿や廃校の施設とか)とコラボした、地のものをつかった美味しい食事が提供されて、高くはないけどきっちり整えられた部屋に泊まってもらって、その旅の合間に一流のボディセラピーを受けてもらうような旅のコーディネートができないだろうか?とか。


これまでの10年に何の悔いもない、(と、思う(笑))んだけど、ここから先、今までと同じ線路上を走るのは、ちょっと違うかなっていうのをずっとここのところ感じていて、5月の不調とスリランカへのアーユルヴェーダ施設滞在は、その想いをさらに強く意識することになった。

とにかく、今は、思いついたものは全部やる、やってみる。やれることはトライする。でも無理はしない。その心づもりで動いている。
自分のサイト制作もそうだし、他のサイトの請負もそう。

これは去年の仕事だけれど、DOORSの仲間であるひろかっちこと甲斐弘香さんのサイト、こころとからだアトリエルッコラに関しては、ちょこちょこと手直ししながらやっとWebサイトのエネルギーが動きだした、という気がしている。



スピリチュアルセラピーとヒーリングスクール
こころとからだアトリエルッコラ http://atoruco.com


サイトのエネルギーってナンじゃらほいって思うかもしれないけど、人間のカラダと同様、ホームページなんて単なる機械的な画面の映り込みだと思うと大間違いで、やっぱりその絵や写真やデザイン、そして何より文章がそこに乗っていること、なるべく新しい新鮮なエネルギーがそこにのっていることがとても大事なのだ。

ブログを毎日更新して!とかFacebookは毎日何か書きましょうとかよくいわゆるビジネス起業セミナーとかでも言われたりするようだけど、それはある意味理にかなっている。ブログだろうがWebサイトだろうが、形式はなんであれ、常にエネルギーが循環していて(=交流があったり、更新がひんぱんだったりすること)見ると気持ちが明るくなるように、キープし続けなくてはならないのだ。

前から何度も口を酸っぱくして言ってたと思うのだけど、最近ようやくその重要性を認識してくれて、ちゃんとサイトの「お知らせ」ページが定期的に更新されるようになった。また、覚悟を決めてセッションを受けたり、ヒーリングスクールに申し込んだり、滝行と戸隠のDOORSツアーに申し込む前に、 ちょっと行ってみようかな?っていうお気軽な気持ちで参加できる「こころの課題を明確にする」個別相談会やお茶会もスタートさせたようす。


自分のこれからの人生、どうしようか?
どうかしたいけど、何から手をつけたら?なんてときに、他者の目からのアドバイスや、カードを使ってのリーディングメッセージは、きっと「何をどうしたらええんや〜(*_*)」って思うときにはきっとよい助けになるんじゃないかな。(7/23.25:詳細情報はひろかブログのこちらよりどうぞ)

写真はスリランカシリーズ。ヌワラエリアという紅茶の産地の町と鉄道駅付近の風景




【お 知 ら せ】

その1

7月&8月15日〜31日までのご予約を受付中です。
毎月15日以降でご予約を承っていますが、9月以降はまた変則的になる予定。
詳しいことが決まり次第お知らせします。からだからこころを変えるアプローチ
夏の海辺を楽しみがてら、是非お越しくださいね。



その2

2013年秋より私が編集長として取材もろもろ活動しているゲストハウスプレス
フリーペーパー新刊Vol.10は沖縄のゲストハウスを特集。これからWebもリニューアルさせますよ〜全国のゲストハウスなどで購読可能。Facebookページで最新情報発信中。
スーパージバラン活動なので、よろしければ応援してください〜よろしくお願いします!


COMMENT









PHOTOBLOG